ドラマ・コウノドリ(2期)の第4話でトーラック(帝王切開後の自然分娩)がテーマとなって11/3のTBSで放送されます。

トーラックとは?妊婦や赤ちゃんなどへのリスクは何でしょうか?

スポンサーリンク


コウノドリ(2期)第4話で重要なテーマ、トーラックとは何か

トーラック=TOLACとは、帝王切開のある妊婦が経膣分娩=自然分娩を試みることです。

成功した場合はVBACと言い、成功した帝王切開後の自然分娩という意味です。

条件が揃えば自然分娩を認められますが、子宮破裂などのリスクがあります。

次ではトーラックのメリットとデメリットをご紹介します。

トーラックのメリット

1.入院期間短縮:順調なら2,3日で退院ができます。

2.出血量と輸血使用量が帝王切開に比べて少なくなること

3.母児の感染、分娩後血栓症発症、癒着胎盤など帝王切開反復による合併症のリスク低減

トーラックのデメリット

1.子宮破裂:分娩中に発症し、しかも症状が分からない場合がある。子宮摘出するケースもある。

2.母体が重症になることで出血量,輸血量が多くなること

3.赤ちゃんへの脳障害など、リスクが高いこと

4.赤ちゃんの死亡率が高いこと(約1/200)

追記・コウノドリ第4話のトーラックに関する視聴者の感想



トーラックとコウノドリ(2期)のまとめ

コウノドリ(2期)の次回予告でもありましたが、子宮破裂のリスクが高く、人手不足のペルソナ病院で母親と赤ちゃん共に無事であることは低いです。

母親自らが望むトーラックに鴻鳥先生はどう対処するのでしょうか?


赤ちゃんという希望に対し、出産前や出産後の家族などの在り方や産み方について一筋縄ではない人生を描くコウノドリ。

その人生の答えの1つを描き、視聴者に問いかけると思ってます。

トーラックの回も家族の考えや、鴻ノ鳥先生たちの考えも是非受け止めて自ら考えてみてください。

最後まで御覧いただきありがとうございました!!

スポンサーリンク