漫画が原作の「花にけだもの」の実写ドラマがdTV、FOD限定配信で放送がスタートしました。

第1話のあらすじや感想などをご紹介します。

スポンサーリンク


「花にけだもの」実写ドラマのあらすじ、蓮学園に転入してきた熊切久実は・・・

熊倉久実(中村ゆりか)は転入前日の夏休み最終日、蓮学園の校内にいた。

ある部屋に辿り着くと、上半身裸の男子が寝ていた。

変態と叫んで驚いた久実の上から、ビーカーが落ちてきたところを男子が庇った。

久実は傷を負いながらも庇ってくれてお礼を言うと、男子は夏休みに何をしているのかと尋ねる。

転入しても校内で迷わないようにと地図を作っていたが、男子からは他人を避けるように見えた。

男子がエスコートして校内を案内した。

久実は名前を言う時に噛んでしまい、きゅみから「キュー」と呼ばれるようになった。


夜遅くまで案内していた時にキューはある物を失くしていることに気づいた。

キューの亡き母親の形見である、くまのぬいぐるみであった。

どこを探しても見つからないキューは絶望に悲しんでいたが、男子が現れ、名前を言ったら助けてあげると告げた。

名前は”柿木園豹”(杉野遥亮)

熊倉久実が転入してから出会った人たちは・・・

キューが転入した初日、同じクラスであった豹であったが、女子から好きと表明しているスクールリングを199人から貰っていることを知った。

キューはケダモノと言い放ち、他の男子からは喝采、女子からはひんしゅくを買っていた。


翌日、キューの下駄箱には女子からのイジメを受けていた。

それを見た日吉竜生(甲斐翔真)はキューを助け、友達になろうと言った。

ただし、竜生は豹の友達であった・・・。


キューと同じクラスの大神アンナ(入山杏奈)は転入で慣れないキューに親切に接した。

しかし、仲良くならないように忠告する。

ある日、昼食で席を譲ってもらったアンナは去ろうとしたが、キューは引きとめた。

アンナは自分といるといじめに遭うと再度忠告したが、キューは転校が多く、いじめは問題ないと言い切り、キューとカンナは仲良くなった。

それを目撃した竜生は・・・

スポンサーリンク


遊園地でデート!でもキューと竜生ではなく・・・?



竜生はキューにWデートしてほしいと頼む。

竜生は入学からアンナに一目ぼれしていた。

叶うならキューの好きなタイプの男子を紹介すると誓う。


すると、豹がキューを引きとめる。

豹はキューの真っすぐな心に惹かれていた。

しかし、キューは豹を避けて竜生に好きなタイプを告げて去った。


Wデート当日、一足先に集合場所にいたキュー。

竜生からの連絡で、一目で分かる相手と告げた。

キューが見つけた先にいたのは・・・


集合場所に到着した竜生とカンナだが、キューたちは抜け駆けしてしまい、キューと行かないと遊園地には行かないというカンナに引きとめようとする竜生。

しかしそこに竜生の知っている男子=和泉千隼(松尾太陽)がいた。

つづく。

「花にけだもの」実写ドラマ第1話の感想




第1話で個性が出てきて(千隼を除く)、どんなドラマが繰り広げるか楽しみです。

キューと豹の恋愛が今のところ純情なので、周囲との絡みが個人的に楽しみですわ。

第2話以降も見てみたい!

という方は上のテキストをクリックしてください!

最後まで御覧いただきありがとうございました!!

[AD]