ドラマ「民衆の敵」第2話が放送されました。

今回のおさらいは佐藤智子(篠原涼子)が市議会議員になってからのお話です。

スポンサーリンク


「民衆の敵」第2話おさらいの前に佐藤智子が市議会議員になった経緯

高収入を目当てに市議会議員に立候補し、同じ保育園に通うママ、平田和美(石田ゆり子)の協力をはじめ、ママ友から支持を集めていた。

途中からライバルによる逆風を浴びながらも当選(繰り上げ)を果たした佐藤智子。

初めての本会議に座ると、後ろで前田康(大澄賢也)議員が寝ていた。再三起こしても眠る前田議員に智子は叩いて一喝。

前田議員は怒るが、傍聴席からの喝采で智子は喜んでいた。しかし・・・

佐藤智子が市議会議員として活動を始めようとするが・・・


前田議員は市議会で会派を多数占める犬崎和久(古田新太)のNo.2であった。

智子は犬崎から呼び出され、一喝した件を謝罪すれば犬崎の会派に入れると、でっち上げと後ろ盾を付けることを勧めた。

智子は会派入りには拒否したが、委員会では犬崎がトップの教育こども委員会に入りたいのであった。

ちなみに、市議会議員の仕事は、本会議の出席と委員会での政策を話し合うの2つである。

犬崎とは対党である市長・河原田晶子(余貴美子)は一喝した件を煽るように指示していた。

スポンサーリンク


犬崎から謝罪するかを佐藤智子は迫られた末に・・

犬崎派である小出未亜(前田敦子)から謝罪を迫られ、困っている智子に犬崎は買収をかけていた。

悩んだ末に智子は未亜と共に犬崎派の会席料理の場に出席した。

結論は謝罪を認め、かつ、教育こども委員会に入ることを認められた。

さらに、可決した案件の書類も渡された。

この一連の行動に、智子に期待していた犬崎派の藤堂誠(高橋一生)は内心、失望した。

犬崎からもらった書類を機に出した智子の答えは・・

犬崎から書類で近所の公園の取り壊し可決と、陳情書(議会や関係官庁に実情を述べて,善処を要請すること)が渡された。

智子は問題の公園に行くと、藤堂が待ち伏せしていた。

智子がここに来ると勘ぐっていた藤堂は、取り壊し反対者の山下(水川あさみ)を呼び、智子は事情を聞いた。

藤堂は公園取り壊しには反対せず、智子ならどういう答えを出すかを試してもいた。

そして、本会議。

智子は前田議員に謝罪するのか、公園の取り壊しについてもどのような意見を述べるのか・・・

民衆の敵第2話の視聴者の感想

市議会議員として活動を始めるも多数会派の圧力と自身の信念で動く佐藤智子。

政治家一家でしがらみに耐えられずも議員を続け、佐藤智子に活路を見出す藤堂誠。

周囲でうずまく権力と圧力。

次回予告でも少々ありましたが、佐藤智子が民衆の敵なのか?市民の味方なのか?

第3話以降も怒涛の展開ということで、期待してもよろしいんじゃなくて?

(フジテレビの使いまわしではありませね。いち視聴者でっせ!)

最後まで御覧いただきありがとうございました!!

スポンサーリンク