ドラマ・コウノドリ(2期)が2017年10月より放送されています。

主に産婦人科と新生児科がメインとなりますが、それぞれ聴診器はどこのメーカーを使っているのでしょうか?



鴻ノ鳥先生や四宮先生など、産婦人科の人たちが使う聴診器は?

ペルソナ総合医療センターの産婦人科で勤めるのは、

鴻鳥サクラ(綾野剛)

下屋加江(松岡茉優)

四宮春樹(星野源)

そして、助産師である小松留美子(吉田羊)

研修医として赤西吾郎(宮沢氷魚)がいます。

産婦人科の人たちが妊婦用に使用している聴診器はこちらです。

リットマン 聴診器 クラシックII S.E.」です。

今橋先生や白川先生など、新生児科の人たちが使う聴診器は?

一方、新生児科で勤めるのは、

今橋貴之(大森南朋)

白川領(坂口健太郎)

新生児科の人たちが妊婦用に使用している聴診器はこちらです。

リットマン ステソスコープ クラシックII(新生児用)」です。







対象者によって聴診器を使い分けてます。

妊婦用は他の音を遮断して心音をより集中して聞ける構造になっています。

新生児用は他のノイズを拾わないように、心音を聞くダイアフラムが成人は直径47mmに対し、新生児は37mmと小さくなっています。