ドラマ・民衆の敵第3話が放送されました。

今回はかなり複雑だったので自分なりにおさらいを記載しました。

佐藤智子がとある事件を救う!?ストーリーです。

スポンサーリンク


民衆の敵第3話、佐藤智子が事件の真相を暴いてほしいと依頼される?

佐藤智子(篠原涼子)は希望の教育こども委員会に所属したが、資料を読んでも会議に出ても話を理解できない日々だった。

そんな時、市民の陳情が持ち込まれ、話を聞くだけでいいという議会事務局職員の安部(久保田悠来)の頼みに、智子は引き受けた。

陳情を持ち込んだのは富子(梅沢昌代)。富子はかつての隣人、今井一馬(渋谷謙人)が誘拐犯人として逮捕されたが、冤罪だという事を証明してほしいと智子に頼み、最初は冤罪の意味が分からなかったが、市民の依頼もあって引き受けた。


不審な男が少女を連れ歩いているとの通報が事件の始まりであった。

警察の捜査で少女は小川かのん(白鳥玉季)と判明した。すぐにかのんの自宅に行くと彼女の母・裕子(安藤玉恵)が応対するも、かのんは帰宅していなかった。

裕子は家が貧しく携帯電話の支払いが滞っていた。そのため警察は付近の家をしらみつぶしに調べ始める。

すると、一馬のアパートでかのんが発見され、逮捕に至った。


智子は藤堂誠(高橋一生)に相談するも、冤罪を照明するのは厳しいと弁護士を軽く紹介しようとしたが、智子は金で解決することに反対した。

一夜明けて、藤堂は智子に協力することになった。

昨日から一変した藤堂に智子は彼女ができたと憶測で言ったが、図星であった。

佐藤智子と藤堂誠が調査に伺おうとするも・・・

智子は藤堂と富子と一緒に今井家に行くと、一般市民が玄関まで侵入していたのを発見していたのを追い返した。

家に入ると、認知症であった母親を会社を辞めてまで介護していたこと一馬が誘拐などする筈がないと
富子から聞かされた。捜査を続けると、智子はある物を見つけた。


続けて誘拐された少女・かのんの話を智子は聞こうとするも、母親から拒否されてしまった。

家の前で待とうとする智子に藤堂は引き返した方がいいと言って、ある物を見せた。

それは今井家の前で犯罪者を庇い、人権蹂躙している智子の動画であった。



翌日、智子たちは一馬に面会するも、誘拐したの一点張りであった。

智子はそうでないと、証拠となる記録を暴露しても一馬は頑なであった。

藤堂は一馬が誘拐と言い張るのは誰かを庇っていることに気づき、智子はかのんに会うことに決めた。


かのんの通っている学校に行くも、子供が知らない人に挨拶しない様、教えていることに智子は教師に向かって言う。

すると、前田議員(大澄賢也)が主婦を連れて例の動画を以て犯罪者を庇ったり、誘拐を否定する智子に政治的な指導でお灸をすえられ、藤堂と共に撤退した。


ママ友の情報から、かのんは過去に万引きしていたことが発覚した。

その事から藤堂は誘拐でないと困る人がいる事が判った。

万引きで児童相談所から指導を受けた保護者。

不審者がその万引きした子供の事情を知り、また万引きしたら養護施設に強制送還されることも知って取った行動は・・・。

スポンサーリンク


佐藤智子が事件の真相を暴くも・・・

一馬は裏でかのんの母親と会い、かのんを隠れて養っていたことをお互い認め合っていた。


藤堂は児童相談所には折り合いをつけ、一馬は留置所から釈放されて、富子は喜んでいた。

しかし、一馬は留置所にいることで自分もかのんも幸せであったことが崩壊し、智子の一連の行為が誰一人幸せになってないと突き放した。

智子は幸せにはできなくても、ある想いは伝わっていることに対して行動を取った。


智子は目の前にあることを変えて、幸せにすることを誓った。



民衆の敵第3話の視聴者の感想とまとめ




今回はいろいろ考えさせられました。

貧困もそうですが、冤罪で庇わないと家族が離れてしまう制度。

犯罪で救われる世の中というのは賛否両論ありますが、しっくりこない感はあります。

目の前の抱えている問題を後回しでは市民はついていけず、かといって大問題を解決しない訳にもいかない。

長期計画で世の中を変えて、市民の問題を解決していけるのが理想論ですが、そうもいかないんでしょう。

焦らずとも極力無駄を省いて実施してほしいのが本音です!


第4話は地域の活性化がテーマの様ですが、活性化したとしても何か問題が起きそうです。

佐藤智子は目の前を変えて幸せにすることができるのでしょうか?

最後まで御覧いただきありがとうございました!!

スポンサーリンク