ドラマ・コウノドリ(2期)第5話のラストで緊急搬送でアレストと診断された患者が搬送されました。

アレストとは何でしょうか?そして、第6話はどんな話でしょうか?

コウノドリ(2期)第5話のラストで緊急搬送された時に言ってたアレストとは?

妊婦が緊急搬送する連絡を受け取った鴻鳥サクラ(綾野剛)と下屋加江(松岡茉優)。

到着後にペルソナの救命科チームも到着し、アレストの状態であると告げられた。

救急車が到着すると、その患者は下屋が知っている人物、神谷カエ(福田麻由子)であった・・。

アレスト=arrestとは停止を意味し、医療では心停止を意味します。

心肺停止も心停止と同じ意味です。

コウノドリ(2期)第6話はどんな話?

下屋はとある理由から、こはる産婦人科という所で、切迫早産で入院している神谷カエと出会う。

カエの不安を取り除こうと、名前も年齢も一緒の下屋は積極的に相談に乗った。

カエの様子の違和感に気づき、院長に相談するも、後に検査するということでペルソナに戻った。

そして—。


緊急事態にカエと赤ちゃんは、そして親身に相談していた下屋はどうなるのでしょうか?

リアリティーあるドラマ・コウノドリ第6話、お見逃しなく!

最後まで御覧いただきありがとうございました!!

スポンサーリンク