ドラマ・民衆の敵のスピンオフ、片想いの敵・第5話(最終回)が放送されました。

元グラビアアイドルの市議会議員・小出未亜(前田敦子)が片想いでのエピソードを語りますが、

ついに最終回となりました。内容や感想と共にご紹介します。

[AD]

片想いの敵・第5話(最終回)の内容、未亜がグラビアアイドルになった理由

突然、学生時代にデブである、黒歴史を告白した。

好きな人ができて美しく、可愛くなることを決意し、そのままグラビアアイドルになったことも明かしたが、

付き合うことはなかった。

しかしまた、一方的に好きになったエピソードについて明かした。

片想いの〇〇と山登りのデートをするも・・・


山登りをリードし、かつ、油断しないように準備も怠らない彼氏。

心配性な一面もあるが、とても素敵で誠実で面白い人であった。

結局、山でパニックになってしまったが、その一面が未亜にとって可愛く見えた。


実は、その彼は仕事仲間であった。

ある日、とある仕事で教育熱心になり、未亜もアドバイスをするようになった。

しかし、彼はその教育していた女の子と結婚することになった。


未亜は懲りずに愛されるよりも愛し続けようとしたが、

幼なじみの山中さやか(伊藤紗莉)に指摘され、気持ちを変えて恋することを決意した!

最後は松本伊代さんの「センチメンタル・ジャーニー」で幕を閉じました。


(一般ツイッターより)

片想いの敵・第5話(最終回)の視聴者の感想




彼氏目線で未亜と疑似デートするシチュエーション、本当にご馳走様でした。

未亜が一方的に愛するのが視聴者としてはたまらないのですが、未亜のラストが悲惨・・・。

心を入れ替えて、また学生の時の暗黒時代から抜け出してほしいですね?

片想いの敵はFODで2017年12月31日まで無料配信中です。

最初から未亜を見てみたい!

という方は上のテキストか、下のアイコンをクリックして入会登録してください!

Yahoo!JAPAN IDで登録すれば31日間無料なので、一切料金はかかりませんよ!!

最後まで御覧いただきありがとうございました!!

[AD]