映画「君の名は。」が地上波で2018年1月3日にテレ朝で放送されます。

物語で重要な役割をもつ「彗星」

その彗星の軌道に間違いがあるという噂を聞きましたが本当でしょうか?

検証しながら真実か嘘か、答えを見つけたいと思います。

君の名は。の彗星について

物語の中で、地球を1200年周期で太陽を周回している彗星、

それがティアマト彗星です(現実にはそのような彗星はありません)。

そのティアマト彗星が肉眼で確認できる予測日の約1ヶ月前から物語は始まります。

彗星の軌道に間違いがあるというのはどういう事か?

では、問題の軌道について間違いがあるという事の発端は何だったのでしょうか?

答えは以下のようにありました。

映画公開中の時、テレビなどで流れた彗星の軌道が専門家などから間違っているという指摘を受けました。

つまり、作画ミスです。


彗星の軌道には「ケプラーの法則」というものがあり、

1.惑星は太陽を一つの焦点とする楕円軌道を描く。
2.惑星と太陽を結ぶ動径は等時間に等面積を描く。
3.惑星の公転周期の2乗は太陽からの平均距離の3乗に比例する。

ということですが簡単に言うと、

公転は水星から地球、火星、海王星などが太陽の外周りを周回するのですが、

問題の作画では太陽の内側(手前)を軌道するように描かれていました。

架空の彗星とはいえ、このような太陽を焦点に公転しない彗星はないという事です。

彗星の軌道の間違いを受けてどうしたのか?

では、作画ミスに対してどう対処されたのでしょうか?

答えは以下の動画が分かりやすく解説されていました。

映画公開時の修正前のミスを、Blu-ray&DVDでは修正されていました。

また、

テレビの映像だけでなく、ティアマト彗星の動きと、その周辺の惑星の位置にも注目してみてください!

君の名は。彗星の軌道の間違いのまとめ

・物語ではティアマト彗星という1200年周期で太陽を周回する彗星が話題となっている
・映画公開時には本来、地球などと同じような太陽の外側を回る=公転ではない作画ミスがあった
・Blu-ray&DVD盤には正しい公転に直っている
・ティアマト彗星が周回する際の惑星との位置についても注目してみるとよい

物語で重要なティアマト彗星、正しい動きに注目してみてください(笑)


「君の名は。」見逃してしまった・・新海誠作品も無料で見てみたい・・
という方は上のテキストをクリックしてください。無料視聴や登録方法など掲載しています。

最後まで御覧いただきありがとうございました!!