コードブルー3rd Seasonの第4話。8/7のフジテレビ。

コードブルー3rd Seasonの第4話、「笑顔の効能」が8/7にフジテレビで放送されました。

第4話の内容や視聴者の感想をご紹介します。

スポンサーリンク


コードブルー3rd Season 第4話のあらすじ、8/7のフジテレビ

藍沢耕作(山下智久)に、天野奏(田鍋梨々花)がけいれん発作で入院したという報告が新海広紀(安藤政信)から入る。新海は、奏が藍沢と話したがっていると伝えた。奏はこのような状況でもまだ手術は受けないという。望みは藍沢の説得なのだ。しかし、奏に藍沢もなんと声を掛けてよいか分からない。
そんな中、河川敷でバーベキュー中にケガをした家族救出のドクターヘリ要請が入った。同時に橘啓輔(椎名桔平)には、三井環奈(りょう)から長男、優輔(歸山竜成)の容体が急変したという連絡が。橘はドクターヘリを藍沢に任せ、息子の元へ駆けつける。すると優輔の口元には吐血した痕跡。三井によると、優輔は急に腹痛を訴えたらしい。橘は循環器内科医師、井上宣顕(滝藤賢一)とともに、急遽、初療室で優輔の処置に当たる。
一方、藍沢、名取颯馬(有岡大貴)、雪村双葉(馬場ふみか)は河川敷に降り立つ。事故現場を目指し花火大会に向け集まっている大勢の野次馬たちを駆け抜け、たどり着いた患者の姿を発見し驚く。8歳の少年の首にはバーベキュー用の串が刺さっていた。現場での処置は難しいとの名取の判断で、少年はすぐさま翔北の初療室に運ばれる。そこでは、橘が優輔の治療を続けていた。
藍沢の監督のもと、名取、横峯あかり(新木優子)は少年の治療にあたる。白石恵(新垣結衣)たちも加わるが、少年の治療にはあらゆる困難が立ちはだかっていた。

コードブルー3rd Season 第4話の感想1。8/7のフジテレビ


河川敷でバーベキュー中にケガをした子供の首に串が突き刺さり危険と感じるも、冷静に判断して初療室で手術を決断する藍沢達。


橘啓輔の息子・優輔が急変するも命に別状はなかった。ICUに移動した際、同じ拡張型心筋症を患っていた11歳の佐倉暁人(樋口海斗)がいた。優輔には数少ない友達だった。


串が刺さった子供の頸動脈が傷ついているため、脳から血液を送る必要があると藍沢達は判断。脳外科の新海広紀(安藤政信)の助けを得て子供は無事手術に成功。


真剣な眼差しの藍沢耕作。

スポンサーリンク


コードブルー3rd Season 第4話の感想2。8/7のフジテレビ


佐倉暁人の体調が急変し、緊急手術にとりかかる橘啓輔たち。しかし・・・


佐倉暁人の手術後、拡張型心筋症である息子に何もないことを医者として、父親として祈る橘啓輔。


医師として特別な処置を行わず、緊急手術でも命を救えなかった緋山美帆子(戸田恵梨香)に患者の緒方博嗣(丸山智己)は自身が料理人に復帰できなくても道はあると、緋山を励ます。


天野奏(田鍋梨々花)に手術を勧め、リハビリで復帰する強さも認める藍沢は「大丈夫」と推す。
天野奏は藍沢が手術を担当する事を条件に手術を決意する。

コードブルー3rd Season 第5話の次回予告。8/14のフジテレビ

藍沢耕作(山下智久)は天野奏(田鍋梨々花)の緊急オペと別の患者の急変への対応に夜通し追われ珍しく医局でぐったりしてしまう。そこに藤川一男(浅利陽介)がトマトの箱を腕一杯に抱えて出勤して来た。妊娠中の冴島はるか(比嘉愛未)が今唯一食べられるのがトマト。藤川は、冴島が他の食べ物は受け付けないのでトマトがないと機嫌が悪い…と愚痴を言ってはいるが幸せそう。緋山美帆子(戸田恵梨香)は友達の話しとして、気になる男性に妻がいた場合について白石恵(新垣結衣)に相談。しかし、白石に不倫はいけないと大声で返されてしまい、緋山は相談する相手を間違えたと後悔する。
そんな時、翔北救命センターに下水道工事中の作業員が増水のため流され、救助に当たっていたレスキュー隊員1人も負傷しているとドクターヘリの要請が入った。白石、名取颯馬(有岡大貴)、雪村双葉(馬場ふみか)がヘリに乗り込む。現場に着くと、名取はレスキュー隊員で意識のあるベテランの倉田正敏(大谷亮介)らの処置にあたり、白石と雪村は溺水で意識不明の作業員、吉崎孝司(長谷川慎也)をヘリで救命センターに搬送した。
初療室で吉崎の治療をしていると、雪村が冴島の様子がおかしいことに気づく。と、次の瞬間、冴島は倒れ込んでしまった。
一方、別の病院に受け入れてもらった倉田の容態が急変し翔北救命センターに戻された。倉田の状態を判断した名取は動揺するのだが…。

ついに名取颯馬役の有岡大貴さんに大きな動きが見られます。
また、妊娠中の冴島はるか(比嘉愛未)の今後も気になります。
次回も必見です!
最後まで御覧いただきありがとうございました!!

スポンサーリンク