三浦翔平が2017年ドラマで掛け持ち出演する!さらに差別化を申し出る。

俳優の三浦翔平さんが2017年夏ドラマ「僕たちがやりました」と「警視庁いきもの係」で共に刑事役として掛け持ち出演することが話題となってます!
さらに、刑事役のキャラを聞いて、差別化することをスタッフに申し出たそうです。
この辺の事情についてご紹介します。

スポンサーリンク


三浦翔平が2017年ドラマで掛け持ち出演する!前にプロフィールをご紹介

名前:みうらしょうへい(本名と同じ)
生年月日:1988年6月3日
出生地:東京都調布市
身長:181cm
血液型:A型
所属事務所:バーニングプロダクション
2007年に「第20回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」で「フォトジェニック賞」と「理想の恋人賞」を受賞するも、その前年からテレビにレギュラー出演している。

主な出演作品として、ドラマは「ごくせん 第3シリーズ」、「花ざかりの君たちへ〜イケメン☆パラダイス〜2011」、「ダメな私に恋してください」など。
映画では、「ごくせん THE MOVIE」、「THE LAST MESSAGE 海猿」、「カノジョは嘘を愛しすぎてる」など。

三浦翔平が2017年ドラマで掛け持ち出演する!僕たちがやりました


「僕たちがやりました」飯室成男(いいむろなりお)
クールで冷酷なまでに犯罪者を追い詰めていく刑事。逮捕のためなら違法スレスレの強引な捜査手法も厭わない。
文字通りかつ、洞察力も優れて確信を突く刑事。迫力もあって自白してしまいそうな雰囲気があります。
陰の魅力を漂わせるということで話し合いの結果、鬼太郎のように片目を髪で隠すヘアスタイルを採用しました。
ちなみに、写真では映画「ひるなかの流星」で三角関係の恋人を演じた永野芽郁さんと再び共演されています。

スポンサーリンク


三浦翔平が2017年ドラマで掛け持ち出演する!警視庁いきもの係


「警視庁いきもの係」、石松和夫(いしまつかずお)
警視庁捜査一課巡査部長。
須藤友三(渡部篤郎)の後輩で捜査一課時代、コンビを組んでいた。
刑事として須藤を尊敬し慕っていたが、ケガをして現場を外れてしまった須藤に元気がないことを気にしている。
冷静沈着で、熱い思いはそれほど表に出さないが、実は須藤を心配していて、それとなく“いきもの係”としての須藤が関われそうな事件を持ってくる。

ぱっくりと真ん中分けで、爽やかなイメージ。当初はクールなキャラだったが、僕やりの飯室成男の役柄をスタッフに伝え、作品の違いが分かりやすくするよう、正反対の軽いキャラに変更してもらった。
本来(?)の三浦翔平さんらしい姿になってます。

なお、僕たちがやりましたの飯室成男は第4話までは長いセリフはなく、警視庁いきもの係の石松和夫は説明するタイプなのでセリフは多いのですが、僕やりの方で長セリフのシーンを撮影したらしく、相当疲れた様です。

三浦翔平が2017年ドラマで掛け持ち出演する!のまとめ


・同じフジテレビということもあって差別化を図るためにそれぞれキャラを注文した。
・撮影が重なったり、長セリフのシーンも重なるとしんどいらしい。
・ものまねも含めて芸風は幅広い。しんどいが、役分けなどには問題皆無。ほぼカメレオン俳優。

意図的に差別化を図る辺りも話題作りに事欠かないように依頼しているそうです。
三浦翔平さんのさらなる活躍と正反対や差別化で演じるキャラクターについても今後注目です。
そんな三浦翔平さんが演じる作品、「僕たちがやりました」と「警視庁いきもの係」は第1話からこちらで視聴が可能です!

最後まで御覧いただきありがとうございました!!

スポンサーリンク