コードブルー3rd Season第6話の内容や感想。8/21のフジ。

ドラマ・コードブルー3rd Season第6話が8/21のフジテレビで放送されました。
医療やそれに関わる人間に対してどのようなドラマがあるのか。
第6話の内容と視聴者の感想を併せてご紹介します。

スポンサーリンク


コードブルー3rd Season第6話のあらすじ。8/21のフジ

第6話「落胆の向こう側」

藍沢耕作(山下智久)と新海広紀(安藤政信)により、天野奏(田鍋梨々花)の手術は無事に終わった。しかし、白石恵(新垣結衣)が新海に手術のことを聞くと、どうも歯切れが悪い。奏の両親は手術結果に納得しているらしいのだが…。

一方、17歳の男子高校生が脳死判定を受けることに。それは橘啓輔(椎名桔平)の息子、優輔(歸山竜成)のもとに移植可能な心臓が来るかも知れない可能性を示唆していた。循環器内科医の井上宣顕(滝藤賢一)の指摘に、橘は期待を抱いてはいけないと自分を制する。

その頃、冷凍倉庫内で荷崩れ事故が発生。翔北救命センターにドクターヘリ出動要請が入り、藍沢と藤川一男(浅利陽介)、雪村双葉(馬場ふみか)が向かう。商品保護のため冷凍室の電源を切れないという寒さの中、藤川らは治療を開始。患者を救命センターに搬送する藤川は、灰谷俊平(成田凌)、横峯あかり(新木優子)と交代した。

灰谷たちは藍沢の指示の元、冷凍室内の負傷者のもとへ。すると治療を初めて間もなく電源が落ちてしまった。暗闇の冷凍室内に、灰谷と横峯は負傷した作業員と閉じ込められる。落雷が原因の停電で復旧には2時間ほどかかる。しかも、未だ落雷の可能性があるためドクターヘリも飛べない…。

そんな中、冷凍室の外で藍沢が診ていた作業員の容体が急変。さらに冷凍室内の灰谷と横峯は、多量の出血をしているもう1人の作業員を発見。フェロー二人だけでこの事態に対処しなければならなくなる…。

コードブルー3rd Season第6話の内容。8/21のフジ


冴島はるか(比嘉愛未)がフライトナースとして復活した。
一方、翔北救命センター内で17歳の少年が脳死と診断され、書類の処理をする緋山美帆子(戸田恵梨香)。橘啓輔(椎名桔平)は息子の優輔(歸山竜成)の臓器提供に期待を抱くも己を律する。


冷凍倉庫内で荷崩れ事故が発生。
藍沢と藤川一男(浅利陽介)と雪村双葉(馬場ふみか)が最初に向かい、1人の患者と藤川と交代で灰谷俊平(成田凌)と横峯あかり(新木優子)が冷凍庫内の比較的軽症の男性の治療に当たるが電源が落ちてしまう。
20分で復旧するということで非常用道具を使っている最中に携帯電話が鳴る。灰谷が探していると、右足を負傷して動けない男性を発見する。


白石恵(新垣結衣)から灰谷に携帯モニター越しで指示を送るも最初、灰谷は臆病で動けず横峯が手術を開始する。麻酔がなく、冷凍で感覚を麻痺させて開始するも、痛みが通じて横峯は続けられなくなってしまう。怖気つく灰谷と横峯に白石はかける言葉もなく藍沢に頼る。
藍沢の奮起の言葉から灰谷は意を決して手術に乗り切る。患者は痛みを伴いながらも灰谷は無事成功する。


一方、病院内では脳死判定された少年の臓器移植手術が行なわれた。
緋山と名取颯馬(有岡大貴)と橘が手術を見守る中、初見の手術に名取は緋山に近くで見るように促すが、あくまで仕事の全体を見ることに留まる緋山。

手術後、助けられなかったことを償うために身体を洗う緋山。名取は少年の素性を両親から聞いて寄り添おうとするも結局できなかったと嘆く名取。
しかし、緋山は過去に患者に寄り添いすぎて医師として遠回りしてしまったことには先生からのアドバイスもあって後悔せず、人それぞれの進み方があると諭す。1人が亡くなることによって6人に臓器提供できることに緋山と名取は感謝した。

そして、橘優輔は残念ながら臓器提供には受けられなかった。果たして優輔は臓器提供を受けて、生き延びることができるのであろうか。


天野奏(田鍋梨々花)の手術は失敗に終わった。
命は救ったものの、リハビリでの復帰の可能性が低くなりピアノが弾けないと藍沢は告げる。
白石は冷凍倉庫の事故の件で藍沢に感謝するが、藍沢は天野奏との約束を守れなかったことに失望していた・・・。

スポンサーリンク


コードブルー3rd Season第6話の視聴者の感想。8/21のフジ

コードブルー3rd Season第6話のまとめと第7話のあらすじ。8/21、8/28のフジ

・フライトナースに復帰して第一線で活躍できる冴島と、普段の仕事も現場では大事と冴島に促される雪村。
・臆病でできない自分から脱却したい想いと患者を救う意志で勇気を踏み出した灰谷。
・自分なりに患者とどんな状況であろうと接しようとする緋山と名取。
・命を救うも、ピアノを弾ける状態には及ばなくなったことに対して悔やむ藍沢。

第7話のあらすじ、8/28 21時より放送予定。

西条章(杉本哲太)の部長室を訪ねた藍沢耕作(山下智久)はトロント大へのレジデント候補の件を辞退すると伝えた。天野奏(田鍋梨々花)の術後経過が原因かと尋ねる西条に、藍沢は特に理由はないと部長室を出て行く。入れ替わりに来た新海広紀(安藤政信)は西条から藍沢の辞退を聞いて驚いた。

救命フロアに向かう途中、藍沢は白石恵(新垣結衣)と会う。白石は奏の手術と救命の手術が重なったこと、藍沢が手術記録を書いていないことを心配していた。だが、藍沢は白石には関係ないと言ってその場を去る。

緋山美帆子(戸田恵梨香)は緒方博嗣(丸山智己)のリハビリ中。間もなくリハビリテーション科に移る緒方のためだが、患者とは思えない手厳しさ。2人を夫婦みたいだと眺める名取颯馬(有岡大貴)は緒方のどこが良いのか? と、緋山をからかう。

CS室では藤川一男(浅利陽介)が横峯あかり(新木優子)たちに医者を目指した理由を聞いていた。灰谷俊平(成田凌)は幼い時にドクターヘリに助けてもらった経験からと答える。

そんな時、ドクターヘリ要請が入った。踏切事故で3人が負傷。すぐさまドクターヘリは現場へと飛び立つのだが、不測の事態が発生してしまって…。

約束を守れなかった藍沢の行方が心配ですね。
命なくしてピアノは弾けないから、可能性がゼロでない限りはリハビリ頑張ってほしいという想いがありますが・・現実はそう簡単にいかないという想いもあります。
また、次回のドクターヘリの緊急事態も気になるところです。次回も見逃せません!

最後まで御覧いただきありがとうございました!!

スポンサーリンク