僕たちがやりました(僕やり)第8話でクラウディア・トルネイド炸裂か?!

ドラマ・僕たちがやりました(僕やり)第8話が9/5の21時にフジテレビで放送予定です。
その前の第7話の予告で、「クラウディア・トルネイド」が炸裂しそうなシーンがありました。
クラウディア・トルネイドとは何か?そして、どのようなシチュエーションなのか?少しネタバレにもなりますが、ご了承下さい。

スポンサーリンク


僕たちがやりました(僕やり)第7話までのおさらい


凡下高校の主人公の増渕トビオ(窪田正孝)とその仲間の伊佐見翔(間宮祥太朗)、丸山友貴(葉山奨之)とOB・小坂秀郎(今野浩喜)は隣の矢波高校から丸山が襲われ、その復讐で矢波高校にプラスチック爆弾を仕掛けたが、ガスボンベに引火し、死傷者が出る、大惨事を起こした。
小坂が逮捕され、犯行の証拠を突き付けられて警察は自白させようとするが、とある人物がすべて自分がやったと自首してきた。小坂は解放され、逃亡していたトビオ達と合流した。
しかし、結局はトビオ達が犯行したことに変わりなく、罪から逃れられても一生苦しむことになることも変わりないので、トビオは自殺を試みた。

トビオの自殺は失敗に終わって大怪我となった。入院先には矢波高校の市橋(新田真剣佑)がいた。
市橋はトビオを追って復讐しようとしていたが、トビオの真っすぐな心に打たれて意気投合することになった。
一方、伊佐見は亡くなった生徒の友達を装ってお参りに行って罪滅ぼし、丸山は逃亡中に恋に落ちたキャバ嬢へ再び会いに行こうとし、小坂は生まれてからまだ一度も会ったことのない輪島宗十郎(古田新太)を探していた。

僕たちがやりました(僕やり)第8話のクラウディア・トルネイド炸裂の状況について


伊佐見には付き合っている彼女・新里今宵(川栄李奈)がいた。伊佐見は今宵の元へ戻って過ごすと、長い漁から帰ってきた今宵の父親(竹内力)と初めて会うことになった。その時、今宵は妊娠していることを告げた。
すると、伊佐見は今宵の父親から、体を一回転させる技、「クラウディア・トルネイド」ならぬ、「リキ・トルネイド」を喰らった。

父親は産むことに反対するも、今宵は産むことを決意する。親子の縁を切るといって出て行ってしまった父親の後、今宵は伊佐見と別れて産むことを告げた。
伊佐見は父親として立派になることを決意するが、今宵は伊佐見が犯罪者であることは判っており、そんな人と一緒にはなれないと突き放す。
伊佐見は今宵を愛していることと、犯罪を行なった後悔を同時に思っていた。

スポンサーリンク


僕たちがやりました(僕やり)第8話のクラウディア・トルネイド炸裂の視聴者の感想

僕たちがやりました(僕やり)第8話のクラウディア・トルネイドの由来とまとめ

ちなみに、クラウディア・トルネイドという名前の由来ですが、原作漫画の今宵の父親は梅宮辰夫さんがモデルとなっています。
その梅宮辰夫さんの奥さんが、梅宮クラウディアさんです。
つまり、モデルとなった奥さんの名前+体を一回転させる=クラウディア・トルネイドと名づけられました。
演じた竹内力さんが迫力ある父親で、あんなに喰らうとは思ってませんでした(笑)原作は今宵もできるんですが、その分、父親が行なったということでのアレンジでした。
ちなみに、プチ・トルネイドもありました(笑)

でも今回は市橋役の新田真剣佑の回ですね、
コングラッチネイション!
そして、あんな事になるとは・・・。

最後まで御覧いただきありがとうございました!!

スポンサーリンク