ドラマ・オトナ高校のあらすじ・キャスト・スタッフと、三浦春馬について。

ドラマ・オトナ高校が2017年10月よりテレ朝で放送することが決定しました!
あらすじ・キャスト・スタッフと、主演を務める三浦春馬さんについてご紹介します。
今回のお話と三浦春馬さんと言えば、ある共通事項がありますので、その辺もご紹介します。

スポンサーリンク


ドラマ・オトナ高校のあらすじ


【公式サイトより一部引用】
深刻な少子化問題に歯止めをかけるため、政府が打ち立てた「第2義務教育法案」に基づく 公的教育機関「オトナ高校」。なんと、異性との性体験のない30歳以上の男女――「やらみそ(=ヤラないまま三十路)」たちが、有無を言わせず入学させられる学校である。

主人公の荒川英人(三浦春馬)は30歳で東大卒のトップバンク行員というエリートでありながら、実は童貞の“チェリート”。
猛烈な恋愛&性体験願望とは裏腹に、高スペックのプライドが災いし、上から目線で人を分析したり、デートでもドヤ顔でひたすら退屈なうんちくを語ったり…。
リアルな人間関係において、あまりにも“頭でっかちのお子ちゃま”ゆえに、念願の童貞卒業にたどり着けない男である。

「なんでオレが童貞だって知ってんだよ、国家ぁぁぁ!」と動揺しつつも、しぶしぶ入学し、卒業条件である“童貞卒業”を目指して恋愛を学ぶことに。
30代から50代まで(!)…いろんなタイプの恋ヘタ学友らと悩みを分かち、時にぶつかり合いながら、10代の高校時代には味わえなかった青春をやり直し、人として成長していくお話。

ドラマ・オトナ高校のキャスト・スタッフ


キャスト
主人公・荒川英人:三浦春馬
「ごくせん」、「ブラッディ・マンデイ」、「永遠の0」、「進撃の巨人」など、ドラマに映画と数多く出演し、また、日本アカデミー賞やギャラクシー賞、さらには「世界で最もハンサムな顔100人」にノミネートされた、実績も評価も申し分ない三浦春馬さんがドラマの主演としては約3年振りに出演します。

スタッフ
脚本家・橋本裕志
アニメから脚本家を始め、現在は映画やドラマを中心に活動しています。
代表作として、「ビリギャル」、「ショムニシリーズ」、「ウォーターボーイズシリーズ」、「華麗なる一族」、「死神くん」などがあります。

スポンサーリンク


ドラマ・オトナ高校の主演の三浦春馬は童貞役。三浦春馬と言えば・・

さて、数々のヒット作に出演した三浦春馬さん。
演じる中で、ある共通事項が多いのはご存知でしょうか?

それは、主人公の妊娠です。
主に3作品あります。

1.14才の母:主人公の中学2年生、一ノ瀬未希(志田未来)は1歳上の中学3年生、桐野智志(三浦春馬)と関係を結び、妊娠してしまう。
やがて出産するが、未希は智志と別れて未希の家族で育てることを決意する。智志は中学を卒業し、未希とその子供を守るために働きだした。

2.恋空:主人公の女子高生、田原美嘉(新垣結衣)はあるきっかけで桜井弘樹(三浦春馬)と付き合い、妊娠するも二人で家庭を築くことを決意する。
しかし、ある事件で流産してしまい、さらには弘樹と別れることになる。実は弘樹にはある理由から美嘉と別れることを決意し、美嘉はその理由を知り、また弘樹と復縁することになり、2人目を授かることになった。

3.大切なことはすべて君が教えてくれた:主人公の高校教師・上村夏実(戸田恵梨香)は同じ高校教師の柏木修二(三浦春馬)と婚約した。
しかし、修二は生徒と一夜を共にすることで社会的地位や信頼を失う。やがて夏美が妊娠していることを知り、責任をとって夏美と求婚し、子供を授かることになった。

このような設定が多いことから話題になりましたが、今回はどちらかというとシリアスな展開ではなく、コミカルに、でも社会風刺もあるストーリーと予告しています
今までは問題となった妊娠ですが、今回はその妊娠までに至るストーリーと見込んでます(妊娠はないかもしれませんが)。
なので、セクシーな部分を見せつつ、青春を謳歌するストーリーで、卒業までが大部分と思われます。
でも、最終回で家庭を築いたら、また言われてしまいますね^^;

ドラマ・オトナ高校のまとめ

・オリジナルストーリーのドラマ・オトナ高校。主人公は30歳、童貞役の三浦春馬さん
・脚本はドラマなどでコミカルに仕上げる橋本裕志さん
・三浦春馬さんは今まで主人公を妊娠させる役があったが、今回はその過程までを描く(と推測)
・2017年10月より、テレ朝で土曜日の夜11:05からスタート予定

かなりぶっ飛んだ設定でコミカルな内容になると思いますので、三浦春馬さんの演技共々、視聴してみてはいかがでしょうか。
最後まで御覧いただきありがとうございました!!

スポンサーリンク