刑事ゆがみがドラマ化決定!キャストや漫画などご紹介。

「刑事ゆがみ」が2017年秋にドラマ化することが決定しました。
気になるキャスト陣や原作となる漫画などをご紹介します。
まだ発表されてないキャスト陣もいますが、その辺も予想も含めてご紹介します。

スポンサーリンク


刑事ゆがみがドラマ化決定!気になるキャスト陣


キャストは2017年9月現在でメインしか発表されてないですが、後程予想も込みでご紹介します。

主人公・弓神 適当(ゆがみゆきまさ)
普段は適当な性格でだらしなく、人と一緒に行動することを嫌う性格。
事実を追い、真実へと辿り着く捜査をモットーに、軽いフラットな雰囲気で、人々の話を引き出し、そこに潜むわずかな“ゆがみ”を見逃さない。そのためにはルールを守ったり空気を読んだりせず、違法捜査も日常茶飯事で独特な推理力を持っています。

演じるのは浅野忠信さん。なんと、民放連続ドラマは初主演となります。
出演については運がいいと仰り、一人では何もできない中年刑事を思う存分楽しみたいと、浅野ワールドが既に全開しているインタビューでした。

羽生 虎夫(はにゅう とらお)
優秀で規則を守る几帳面なタイプの若手刑事で弓神に振り回されるが時には弓神をしかり、時には鋭いツッコミを入れていく存在。

演じるのは神木隆之介さん。ドラマに映画、声の出演でも演技をしていますが、刑事役は初となります。インタビューでは、年齢とか関係なく、遠慮せず弓神に突っ込み、たまに突っ込まれるというおもしろい2人になればいいなと仰ってます。

刑事ゆがみがドラマ化決定!原作となる漫画について


刑事ゆがみは井浦秀夫さんによる漫画で、「ビッグコミックオリジナル」(小学館)で連載中です。

井浦秀夫さんはドラマ化では「弁護士のくず」以来となります。
作風として、人々のセコさやズルさを描くことで笑いをとりながらも、その半面で人間の良心、良識、正義の曖昧さを突く。本音としてつい思ってしまう、吹き出し外に書かれたせりふ外のいらない一言(小言)が特徴的でもあります。

スポンサーリンク


刑事ゆがみがドラマ化決定!その他の登場人物は


刑事ゆがみでは弓神に関わる人物は他に3人います。

菅能 理香(かんの りか)
刑事課強行犯係の係長・警部補で、弓神と羽生の上司、弓神の後輩に当たります。
美女ですが、つい汚い言葉を使ってしまいます。

多々木 挙男(たたき あげお)
刑事課強行犯係の巡査部長、弓神の過去を知る人物です。

竜波 才子(りゅうなみ さいこ)
生活安全課少年係所属の巡査。

漫画ではメガネ美女とやや頭が薄い男性、あどけない婦警という容姿ですが、誰がキャスティングされるんですかね?



ごめんなさい、予想がつきません。



浅野忠信さんと神木隆之介さんと波長が合うようなバランス整ったキャスティングであることが個人的な望みであります。

刑事ゆがみがドラマ化決定のまとめ


・民放ドラマ初主演の浅野忠信さん
・初刑事役の神木隆之介さん
・撮影は2017年9月8日からクランクイン、和気藹々と撮影している様子

期待が高まるキャスト陣でクランクインしたドラマ「刑事ゆがみ」。
普段はだらしないけど事件は一切差別することなく、ちょっと汚いやり方でも真実を追い求める弓神と、正義感まっしぐらで振り回されても先輩にも物怖じしない羽生、弓神たちの同僚とチームワークも期待したいところです。

ドラマ「刑事ゆがみ」はフジテレビで2017年10月12日木曜日夜22時(初回15分拡大)から放送予定です。お見逃しなく!

最後まで御覧いただきありがとうございました!!

スポンサーリンク