愛してたって秘密はある(愛ある)最終回(第10話)の内容や感想。

ドラマ・愛してたって秘密はある(愛ある)の最終回(第10話)が9/17の日テレで放送されました。

奥森黎(福士蒼汰)の父・皓介(堀部圭亮)の日記と立花爽(川口春奈)の父・弘晃(遠藤憲一)の告白で黎はもう自分の罪を隠し切れず、爽に言ってしまった。
最終回(第10話)の内容や視聴者の感想をご紹介します。

スポンサーリンク


愛してたって秘密はある(愛ある)最終回(第10話)のあらすじ

「奥森(堀部圭亮)を殺したのは自分だ」と爽(川口春奈)に告白した黎(福士蒼汰)。爽は驚きのあまり、黎を拒絶してしまう。

爽の態度にショックを受けながらも、黎は罪を償おうと警察に向かう。
しかしその矢先、一ノ瀬(矢柴俊博)から、奥森を殺したトロフィーを爽に送った人物が判明したと告げられる。
段ボールが送られた配送センターの防犯カメラに映っていたのは、黎がよく知る女性だった。これまで黎を脅かしてきた不気味な出来事は、すべてこの女の仕業だったのか・・・
信じられない黎は、真相を確かめるまでは自首を思い留まることにした。

そんなある朝、黎は自宅のリビングで、ビリビリに引き裂かれて散乱した奥森の日記のコピーと、見覚えのないDVDを見つける。
そのDVDには、真夜中のリビングで日記のコピーを破いてまき散らす、思いもよらない人物の姿が…!!

一方、黎を拒絶してしまったことを後悔する爽は、虎太郎(白洲迅)から、「黎と連絡が取れなくなった」と聞かされ、思わず黎の家へ走る。しかし、そこで待っていたのは…。

黎は警察へ向かい、晶子(鈴木保奈美)と接見することに。そこで晶子の口から語られたのは、衝撃の事実だった…!

黒幕は果たして誰だったのか…!?ついに、すべての謎が解き明かされる!!そして、黎と爽の愛の行方は————?

愛してたって秘密はある(愛ある)最終回(第10話)の内容


警察からトロフィー(と髪飾り)を送った人物が明らかになるも、犯行の一部がその人物に不可能と思い何故行なったのか、また、他にいるのか疑う黎。
黎は恩師で香坂いずみ(山本未來)に母の接見(面接)と弁護を頼もうとする時、奥森皓介(堀部圭亮)の日記のコピーが事務所に送られてきたことを明かした。
後日、接見に爽も合流することになった。爽は黎に、前日に会ったことを話したが、黎は憶えている素振りもなかった。



母・晶子との接見の前に、自分が罪を犯したことに爽と香坂に話していた。
そして、朔(サク)という人物が晶子に命令し、独自も含めて次々と行なったことを明かした。
今までの行為を謝罪したことと、息子の幸せを願っていること、爽が黎と出会ってくれたことに感謝した。



爽は検事ではなく、弁護士を目指すことになった。

晶子は今までの黎の育て方に後悔していたが、香坂は息子がいたが育児放棄していたこともあって、晶子は最高の母親であることを讃えた。

爽は自白して楽になった黎はまだ秘密を抱えていることを見抜いていた。
これから黎を愛していくことを、黎と共に誓った。
そして黎は・・・

スポンサーリンク


愛してたって秘密はある(愛ある)最終回(第10話)の感想

愛してたって秘密はある(愛ある)最終回(第10話)のまとめ

数々の犯行の自白と自分自身も自白してある意味解決した奥森家。
強い黎が爽を愛して、「ずっとふたりで」と刻んだ一面は今でこそ言えるセリフですね。
立花家も100%正しいことではありませんが罪滅ぼしを行ない、間違っても正しい道を歩む決意をしました。

そして、最終回を迎えましたが、直後に続編が決まりました!!


↓↓テキストをクリックして登録後に視聴できます↓↓

愛してたって、秘密はあるの続編やこれまでの話はこちらから視聴可能です!

↑↑さらに、2週間の無料お試しのチャンスもあります↑↑ 

最後まで御覧いただきありがとうございました!!