2017年10月3日の日テレで、さんま御殿の生放送が放送されました。

その中のテーマ、「他人に言われたショックな一言」について、

ウエンツ瑛士はかつて、あっぱれさんま大先生のオーディションを受けるも落ちてしまいました。

さんまはオーディションの合否判定について初めて明かしました。

スポンサーリンク


さんま御殿の生放送で明かした、あっぱれさんま大先生の合否判定方法

あっぱれさんま大先生の最終オーディションで、審査員として明石家さんまもいました。

その際に、面接の内容で合否を判定するのではなく、

面接会場の出入口に入った時のアクションで合否が決まっていたことを明かしました。

礼儀正しい人なら、「失礼します、おはようございます!本日はよろしくお願いします。」という風に喋りますが、これは不合格となります。

理由は、もう既に芸能界に染まっている(見た目も含む)のは採用しないというのは決まっていました。

逆に、「いえーい!」とか「あ!さんまだー!本物だー!!」など、失礼というか、素人な行動が採用の決め手でした。

ウエンツ瑛士は礼儀正しい行動をするも、冷めたさんまの表情を見て、面接で発しても冷めた発言でその後は暗くなってしまったそうです。

あっぱれさんま大先生のオーディションで落ちた有名人

ウエンツ瑛士

安達祐実

後藤久美子

一色紗英

えなりかずき

岡本綾

坂本真綾

速水もこみち など




スポンサーリンク




あっぱれさんま大先生のオーディションで受かった有名人

内山信二

前田愛

花澤香菜

悠木碧

日高里菜

加藤諒 など



あっぱれさんま大先生の合否判定に対して視聴者の感想

合否判定基準にびっくりしましたが、よくよく考えてみれば素人の子が伸び伸びと活躍するのがあっぱれさんま大先生の見どころとも思いました。

おバカな子、思いがけない行動をとる子、下品が大好きな子などいますが、子供らしくて苦笑いなところもありましたけど楽しかったです。

最後まで御覧いただきありがとうございました!!

スポンサーリンク