コウノドリ(2期)第1話のラストで子宮頸がんと診断された妊婦さんがありました。

子宮頸癌(しきゅうけいがん、英: cervical cancer)は、子宮頸部と呼ばれる子宮の出口より発生する癌。

性感染症である尖圭コンジローマと同様、ヒト乳頭腫ウイルス (HPV) の感染によって発症するため、性感染症に分類される。

子宮頸癌は子宮頸部に生じる悪性の上皮性病変をいう。

好発部位は扁平上皮化発生領域であり扁平上皮化癌が約90%である。子宮頸部扁平上皮癌は、ヒトパピローマウイルス (HPV) の長期間の感染による発症である。扁平上皮癌のほか腺癌もある。

以下、特に断りのないかぎり、子宮頸部扁平上皮癌についてである。
老化現象とも捉えられる他の癌と異なり、性的活動期である20代から40代に発症のピークがあり、近年、性交開始年齢の低年齢化などにより、若年層の子宮頸癌が増加している傾向がある。

HPVは性交経験のある女性の全てに感染の可能性があり、性交経験のある女性のうち80%が一生に1 度は感染しているともいわれている。また、妊娠回数や出産回数が多い女性、不特定多数の性行為などは、子宮頸癌のリスクを上げる危険性があり、注意が必要である。

他の性感染症と同様、一度しか性行為の経験が無い女性や、出産、妊娠経験が無い女性にも子宮頸癌のリスクは充分あるため、性交経験のある女性全てに注意が必要である。





20~40代の女性に多い傾向があり、年に1回の検診をすすめられています。

乳がんと一緒で早期発見により命が助かる可能性はある。

記載にもありますが、恥ずかしがらずに定期検診で常に診断を受けた方が、御自身と未来の子供のためにもなります。

スポンサーリンク