世にも奇妙な物語’17秋の特別編で「ががばば」新章が10/14のフジテレビで放送されました。

「ががばば」、「続ががばば」から2年、

それぞれに関わっていた人物が、ある人物と遭遇することによる新たな「ががばば」が開かれます。

視聴者の感想と共に「ががばば」新章をご紹介します。

スポンサーリンク


世にも奇妙な物語’17秋の特別編「ががばば」新章あらすじ

あの事件から2年。

ある男はある人物を探すべく、フジテレビに訪れた。

そこにフジテレビの久慈暁子アナウンサーがいた。

男は行方不明になった「外村沙織」や「ががばば」について久慈アナに尋ねようとした。

しかし、久慈アナは「ががばば」と言おうとしたところを「やめてください」と男の口を塞ぎ、男は警備員に抑えられた。

男は取り押さえようとする警備員を押しのけ、外で待っていたハイエースに乗り込む。

そこには外村沙織の友だちだったエリと多香子、謎の刑事らがいた。

外村沙織にうり二つの久慈アナを調査するべくフジテレビを訪れていた。

果たして久慈アナの正体は外村沙織なのであるのか!?

「ががばば」新章の内容

タクシーに乗った久慈アナを追従しようとハイエースで追う男とエリと多香子と刑事とドライバー。

男は久慈アナに会う前から撮影していた。

撮影は続けて、追いながら男はあの言葉を言ってしまった。

「ががばば」

すると、ドライバーは運転を止めてしまった。

男はどうした?と言うと隣にいたエリが撮影を止めるように暴力交じりで止めて、男を外に放り出す。

男はケガを負うも撮影は続いていた。

するとエリは思いがけない行動を取ってしまった!!

そして、カメラの前に映り出されたのは・・・

「つづく」

「ががばば」新章の感想

「ががばば」新章のまとめ

・外村沙織=久慈暁子アナウンサーは分からず
・追跡していた男が「ががばば」と言ってしまうと不可解な行動が次々と起きた
・また一人「ががばば」の被害者が発生、そして「つづく」

最後まで御覧いただきありがとうございました(まだ続くかもしれませんが)

世にも奇妙な物語の過去作品を無料で見れるチャンスがあります!

見てみたい人はここをクリックしてください!!

追記「ががばば」新章・後編

先程は前編として「ががばば」新章が放送されました。

後編は以下の通りです。


犠牲者が発生してしまった中で男は久慈アナを発見した。

悲惨な状況を後に男と刑事は久慈アナを追う。

久慈アナはある所へ入っていった。

廃墟ビルで薄暗い中を男と刑事は追っていった。

すると、理科室のような所にたどり着いた。

辺りを探していると、衣服が見つかり、ある物が記されていた。

それは、「ががばば」を示す暗号文だった(以下のようなツイート)。




すると、男の電話が鳴り出し、刑事に撮影を交代するよう指示した。

男は外へ出るも、電話はとらず、あれを調べてしまった。

「ががばば」

男は画面を見ながら360度を回った。

すると、男の後ろから無数の手で白い煙の中へ消えてしまった。


撮影を回しながら驚がくする刑事にあの人が歩み寄った。

久慈暁子アナウンサー、そして後日、久慈アナは本人の意思なのか、ニュース中に喋ってしまった。

決して検索してはならない「ががばば」

終わり