ドラマ・オトナ高校第1話が10/14のテレ朝で放送されました。

主演の三浦春馬が、トップバンクで将来を嘱望される30代のエリート行員だが、実は童貞である荒川英人を演じます。

国家から新教育機関「オトナ高校」に童貞あることを理由に入学させられるところから始まります。

ストーリーや感想などをご紹介します。

スポンサーリンク


オトナ高校第1話のあらすじ、10/14のテレ朝

2017年秋――。

荒川英人(三浦春馬)は突如、見知らぬ男・嘉数喜一郎(杉本哲太)からピンクの書状を渡される。日本ではこの度、第二義務教育法案で公的教育機関「オトナ高校」を設立した。

性経験のない30歳以上の男女を入学させ、本当のオトナになるための英才教育を受けさせることを決定した。英人が手渡されたのは、まさにその入学召喚状。実は、英人は童貞であった

童貞を知られたことに激しく動揺し、入学を断固拒否しようとする英人。だが、入学を拒否すれば逮捕、服役等の罰則がある。

そこで英人は入学期日までに、オトナ高校の卒業条件である“童貞卒業”を達成しようと画策する。

そうこうしているうちに、とうとう入学の日がやって来た。そこには未だ処女のキャリアウーマン・園部真希(黒木メイサ)ら30代、そして40代はもちろんのこと、英人の上司である50代の生徒・権田勘助(高橋克実)の姿もあった

自分のことは遥か高く棚に上げ、英人はほかの生徒らを見下しながら、授業を受け始める。

はたして英人は、無事オトナ高校を卒業できるのか。

オトナ高校第1話の内容


荒川英人はオトナ高校通知を受け取ってから、プライドの高さ故に悩んでいた。

そこに嘉数から、入学までに童貞を卒業できれば入学しなくてもよいと認められる。

そこから英人は同じ勤め先の姫谷さくら(松井愛莉)を誘って卒業しようとするが・・・


あえなく入学することになった英人。

様々な理由で童貞または処女の男女がいたオトナ高校。

そこで教師を務める人々も見た目からして意外な経験を積んでいる人々だった。

そこには英人が知っている姫谷さくらもまさかの教師でいることに驚がくしていた。

授業でもさくらから口説き方の失敗として撃沈であった英人。

高校側は童貞・処女を卒業できる機会、合コンに生徒たちを招くことになった。


合コンに参加するも乗り気でない英人など一部の生徒たち。

高学歴の女性もいれば、性交を望む女性もいたが、告白タイムには参加しなかった。

参加しない理由を教師が聞くと、冷静に分析して今回はお目当ての女性がいなかったと言う。

しかし、それは逃げていると煽られ、英人は何が何でも卒業する目当てで告白タイムに参加するが・・。

スポンサーリンク


オトナ高校第1話の感想、10/14のテレ朝

オトナ高校第1話のまとめ

荒川英人はあるあるのスーパープライド故に仕事はできても恋愛には無頓着で女性も喜ばない内容で、それを演じる三浦春馬さんの新しい一面が見れて良かったです。果たして本当に卒業できるかどうかも楽しみです!

他のメンツで経験ゼロの人も、達者な人も個性豊かで、教師側の行方もすごい楽しみです!!

深夜枠なので、保健体育授業並に受ける気持ちで見てみると面白い!?かもしれません(笑)

最後まで御覧いただきありがとうございました!!

スポンサーリンク